都城の風俗の活用法

九州の中でも鹿児島県に近い都城市は、鹿児島からも利用者も多く隠れたデリヘル激戦区になっている。今、都城の風俗は激アツだ!

off
2016年2月27日 風俗店を選ぶ決め手

風俗激戦区の都城、HPがデリヘルの命

地方都市のデリヘルは最近、本当に増えている。

おそらく某コンビニチェーンの展開より、無店舗型でできるデリヘル店の展開の方が全国規模でみれば絶対多いよね。

都城でもそれは同じ。

しかもデリヘルの店舗数がある程度のレベルを超えると、そこは激戦区となって、割引やイベント合戦が登場する。

こうなると風俗ユーザーとしては願ってもない展開になるんだよね。

女の娘もどんどん集まってくるし、回転がよくなって思わぬ掘り出し物もあったりするようになる。

こういう激戦区の街になると、うれしいことがいっぱいあるわけなんだ。

さて、こんな都城の風俗。

じゃあ、選ぶポイントは・・・・といえば、やはりネット検索しかありえない。

というか、デリバリータイプの風俗は店舗がないわけだから、これしか選びようがないからね。

とすれば、どれだけHPにお金と手間をかけているかが一つの判断材料になる。

宣伝がHP中心なのに、ここにお金と手間をかけないようでは、お里が知れてしまうってわけだからね。

デリヘルの場合、違う屋号であっても実質経営者が同じとか、チェーン店とかはよくあることだ。

つまり在籍女性をダブル登録して、呼ばれた方に登場ってパターンね。

HPがそっくりの作りだったりすると、そう考えた方がいい。

まあ、使う側にとっては同じ店だろうと何だろうと、可愛い娘とエッチ出来ればいいわけなんだけど、同じデザインが多いところは大手チェーン店を除いては、僕はあんまり好きじゃないんだよね。